トップ > 外貨預金の初心者講座 > 税金と確定申告

税金と確定申告

外貨預金で受け取った利息や、為替変動によって得た利益には税金がかかります。金利収入と為替差益の2つはそれぞれ別の形で課税されることになるので気をつけましょう。

詳細を説明する前に、それぞれのケースによる課税の違いをここにまとめておきます。

(1) 利息 : 源泉分離課税20%(申告不要)
(2) 為替差益(予約レートを設定している場合) : 源泉分離課税20%(申告不要)
(3) 為替差益(予約レートを設定していない場合) : 総合課税

利息にかかる税金

外貨預金は高金利で知られていますが、受け取った利息には税金がかかります。税率は20%(国税15%、地方税5%)となっており、手元に届く前に差し引かれるので特に気にすることはありません。

手元に届く前に利益から税金が差し引かれることを「源泉分離課税」といいます。利息はこの方法で課税されるので、たとえば10万円の利息が付いたときには2万円が引かれて、残りの8万円が手元に届くことになります。

為替差益にかかる税金と確定申告

外貨預金をはじめたとき(外貨の購入時)から為替相場が変動し、円転するときに円安になっていた場合、為替差益が発生します。この利益にも利息と同じく税金がかかります。

ただし利息のケースとは違い、前もって税金が抜かれることはありません。そのため、状況によっては自分で税金を計算して払う「確定申告」という手続きが必要になります。

年収2,000万円以下の給与所得者、つまりサラリーマンなど会社に雇用されて給料を受け取っている方は、利益の合計が20万円以下であれば申告は不要です。また、予約レートを設定している(為替予約をしている)場合は源泉分離課税になるので、同じく申告不要です。

しかし、20万円を超える場合や、20万円以下でも複数の会社から給与を得ている場合は申告が必要になります。

為替差益は「雑所得」という区分で、20万円を超えると総合課税という仕組みが適用されます。簡単に言えば、ほかの所得と合算して税額が計算されるということです。総合課税では、税率は利益の大きさによって変動するので注意が必要です。

逆に、為替差損が発生した場合は他の雑所得から差し引くことができます。利益が出たときは税金を払わないということはできませんが、減らすことはできます。賢く利用しましょう。

[ トップページへ ]

このページのトップへ