トップ > 外貨預金の初心者講座 > ネットバンクが有利

ネットバンクが有利

このサイトを読んでいるということはインターネットの接続環境があるということだと思います。それならば、外貨預金は「ネット銀行(ネットバンク)」でおこなうことをオススメします。

その理由は、メガバンクや地方銀行などと比べて「金利が高い」「為替手数料が安い」からです。

金利が高く手数料が安いネットバンク

ネット銀行とは、通常の銀行でおこなえる色々な取引(預入・引出や振込、投資信託や外貨預金など)をインターネットを通じてできる銀行のことです。たとえば「住信SBIネット銀行」「イーバンク銀行」「ソニー銀行」などが有名です。

ネット銀行の特徴として、インターネットを利用することで運営コストが安く抑えられているということがあげられます。

お客と対面して話を聞いたり直接取引をおこなう都市銀行や地方銀行では、店舗の家賃や人件費などの運営コストが高くつきますが、ネットバンクではそれがありません。そのため、その浮いた分を金利を高くしたり手数料を安くしたりということに当てられるのです。

また、ネットバンクでは外貨預金の金利や手数料が有利なだけでなく、円の普通預金や定期預金の金利が高かったり、回数制限付きではあるものの振込手数料が無料だったりと、他のメリットも多くあります。

コンビニATMを使うことで入出金なども簡単におこなえるので、普段おこなう銀行に関する手続きについて不便なことはほとんどありません。

住宅ローンなどの大型ローンが組めないというデメリットもあり、ネットバンク1行で全てをまかなえるわけではないですが、口座開設しておくと何かと便利なことは間違いないでしょう。

このように外貨預金に使う以外にも優れた面があるので、もし、まだどのネットバンクにも口座を持っていないという場合は、ぜひ1行には口座を作っておくことをおすすめします。

ちなみに、いちばんのオススメは「住信SBIネット銀行」です。ここは金融業界の老舗である住友グループの住友信託銀行と、ネット証券No.1の口座数を誇るSBI証券を擁するSBIホールディングスが共同出資して運営するネットバンクです。

国内最高レベルの定期金利と、他行への振込手数料が月3回まで無料というサービス(4回目からは1回150円)、株式・投資信託・FXなどが取引できるSBI証券との連携などが魅力です。

他に外貨預金が可能なネットバンクとしては「イーバンク銀行」や「ソニー銀行」などがありますが、金利の高さと手数料の安さ、そして資産運用の拡張性を考えると、現時点では住信SBIネット銀行が有利だと思います。

[ トップページへ ]

このページのトップへ