トップ > FX外為投資のすすめ > 税金と確定申告

税金と確定申告

FXの利息(スワップポイント)と為替差益には税金がかかります。その税金は「確定申告」という方法で税務署に自分で伝えて納めなければいけません。

ここでは、公設市場である「くりっく365」で取引した場合(取引所取引)と、通常のFX業者を利用した場合(相対取引)の2パターンに分けて説明します。それぞれのメリットとデメリットもサラッとおさらいしています。

相対取引の場合の税金

相対取引(非取引所取引)で得た利息(スワップポイント)や為替差益は「雑所得」という区分になり、給与所得などと合わせた総合課税になります。税率は所得の大きさによって変わります。

195万円以下
15%
195万超 330万円以下
20%
330万超 695万円以下
30%
695万超 900万円以下
33%
900万超 1,800万円以下
43%
1,800万円超
50%

※ 所得税と住民税を合わせた税率です。

相対取引のFX業者を利用する場合のメリットとデメリットには以下のようなものがあります。

メリット
  • 金利(スワップポイント)が高い
  • 手数料が安く、無料の場合もある
  • 通貨ペアが豊富
  • レバレッジを高く設定できる
デメリット
  • 利益が大きくなると税率が高くなる

くりっく365(取引所取引)の場合の税金

申告分離課税で税率は20%固定です。「分離課税」とは他の所得とは切り離してそれだけで税金を計算しますよ、ということです。「申告」と名の付くことからもわかるとおり、源泉分離課税とは違い自分で確定申告をして税金を納める必要があります。

くりっく365で取引をする場合のメリットとデメリットには以下のようなものがあります。

メリット
  • いくら儲けても税率は20%のまま
  • 損失を3年間繰り越せる(利益と相殺できる)
デメリット
  • 相対取引のFX業者よりも金利が低い
  • 手数料がかかる

確定申告の方法

確定申告とは、自分で税額を計算して税金を納めることです。税務署に行くかインターネットを利用して申告することができます。1月〜12月までに得た利益を計算して、毎年2月16日から3月15日の期間中に税務署に届けます。

FXで得た利益は雑所得という区分になり、20万円以下は申告不要、20万円を超える場合は確定申告が必要になります。

この20万円というラインについては、厳密に言えば「給与所得と退職所得」以外の所得を合算して20万円以下の場合ということになります。たとえばヤフーオークションなどで得た副収入は、同じく雑所得として合わせて計算しなければならないので注意が必要です。

また、雑所得が20万円以下でも、給与所得が2,000万円以上ある場合と、2つ以上の会社から給与を得ている場合の多くのケースでも確定申告が必要になります(詳しくは国税庁のサイトを見てください)。

相対取引のFX業者を使っている場合は、すでに説明したとおり、得た利益の金額によって税率が変わります。

確定申告には、取引のあった業者から送られてくる年間の取引報告書と、勤め先の会社からもらう「源泉徴収表」を使用します。取引報告書に記載されている利息(スワップポイント)と為替差益の合計額が雑所得で、源泉徴収表に記載されているのが給与所得です。

確定申告では、すでに天引きされているはずの給与にかかった税金(源泉徴収税額)の分は除いて申告します。つまり、余計に税金を払わないためにも源泉徴収表は絶対に必要です。とにかく大事に保管しておきましょう。

くりっく365で取引して得た利益は、FXの利益のみを計算すればOKです。申告分離課税といって、給与所得などとは分けてFXの利益のみを申告します。たとえば年間のFXの利益が30万円なら、その20%の6万円が税額となり、それを申告して納めることになります。

2月から3月が申告時期なので、それまではあまり気にしなくてもOKです。ただ、計算期間の区切りである12月には、利益と損失を計算して節税対策をおこなうというのもひとつの手です。

確定申告が必要か不要かよくわからないという場合でも、とりあえず「取引報告書」と、サラリーマンの方なら「源泉徴収表」は大切に保管しておきましょう。

[ トップページへ ]

このページのトップへ