トップ > FX外為投資のすすめ > 外貨預金よりも安全

外貨預金よりも安全

外貨預金によく似た金融商品として広く知られているのが「FX」です。FXとは、外国為替と言う意味の「Foreign eXchange」の略で、日本語では「外国為替証拠金取引」や「外国為替保証金取引」といいます。

このFXは、実は外貨預金と同じような取引が可能で、そして外貨預金よりも安全、さらに手数料は定期預金よりも安く売買は普通預金よりも簡単にできるという、あらゆる面でメリットの大きい金融商品なのです。

FXは危険ではない! レバレッジは1倍でOK

FXが危険だというイメージを持たれている理由のひとつは「レバレッジ」にあると思います。レバレッジとは「てこ」の意味で、少ないお金でも大きな金額の取引が可能であるということを表しています。

簡単に言えば、FX業者に口座開設をすれば、10万円を入金しただけで100万円や200万円、あるいは1,000万円以上の取引までできてしまうということです。

レバレッジを使った取引では、上手くいけば大きく儲けることもできますが、それは裏返せば大きな損失を抱えるリスクもあるということで、多くの人はこのレバレッジに対して負のイメージを持っているのだと思います。

しかし、レバレッジは自分で調整することができます。取引前に自分で設定できるのです。そして、1倍(つまり入金した元本のまま)での取引が可能です。別に10倍や100倍でやる必要は全くなく、大きなリスクを抱える心配はありません。

レバレッジ1倍の取引というのは、円の預金とも外貨預金とも変わりありません。だから、FXはぜんぜん危険なものではないのです。

FXは信託法で守られる 外貨預金は保護の対象外

トップページを読んでいただければわかると思いますが、FXはよく「危険である」と勘違いされていますが、全くそんなことはありません。むしろ外貨預金よりも安全だと言えます。

その理由には、まず外貨預金が「預金保険制度」の保護の対象外であり、実は危険であるということがあります。預金保険制度とは、よく耳にする「金融機関が破たんしても、元本1,000万円までとその利息は補償される」ことなどを規定している制度です。

これは円の普通預金や定期預金には適用されますが、外貨の普通預金や定期預金には適用されません。もし万が一のことが起きた場合に、銀行を通して外貨を購入していたら預けた資金は戻ってきません。

一方、ちまたで危険だと思われているFXでは、「信託法」によって預けた資金が守られるようになっています。

大手のFX業者はどこも「信託保全」という仕組みで顧客の資産を分けて管理しています。信託保全とは、FX業者が他の金融機関と契約し、その金融機関に顧客の元本と利息を一緒に管理してもらうというものです。

この仕組みには信託法が適用されるので、FX業者が破たんしても、またFX業者と契約し実質的に資産を管理している金融機関が破たんしても、わたしたちのお金は戻ってくるようになっています。

外貨預金は預金保険制度による保護の対象外ですが、FXは信託法によって保護されます。金融機関の破たんはそうそう起きるものではないですが、FXのほうが万が一のリスクに対して強いということです。

[ トップページへ ]

このページのトップへ