トップ > FX外為投資のすすめ > FXの仕組み

FXの仕組み

外国為替証拠金取引(FX)は使い方によっては、ほとんど外貨預金と変わりがありません。ここでは、FXの基礎と外貨預金のように取引するためのポイントを説明しています。

外貨を購入するとき

外貨預金では「ドルを買う」と言いますが、FXでは「ドル/円を買う」「ユーロ/円を売る」というように言います。外貨預金で「ドルを買う」のとFXで「ドル/円を買う」というのは同じ意味になります。

FXでは外国通貨を「通貨ペア」と呼び、常にどちらか一方を売ってどちらか一方を買うという取引をすることになります。外貨預金も円を売ってドルを買うので同じことですが、FXではそれがより意識されます。というのは逆の取引もできるからです。

たとえば、「ドル/円を買う」というのは円を売ってドルを買う(円をドルに換える)取引ですが、逆に「ドル/円を売る」というドルを売って円を買う取引も可能です。

このように、FXで通貨ペアを取引するときはスラッシュ(/)の前の通貨に対して売り買いをおこなうことになります。ユーロ/円を買うというのは円を売ってユーロを買うことだし、豪ドル/円を買うというのも同じく円を売って豪ドルを買うことです。

ちなみに、外貨預金と同じように取引する場合は、基本的に「円を売って」他の通貨を買うことになるので、円を買って他の通貨を売る取引については特に意識する必要はないと思います。

通貨ペアの種類

FX業者のサイトでは、ドル/円は「USD/JPY」と表記されます。また、ユーロ/円は「EUR/JPY」と書かれます。これは世界共通の通貨コードと呼ばれるもので、どの国の通貨もアルファベット3文字で表されるようになっています。

日本円
JPY
アメリカドル
USD
ユーロ
EUR
イギリスポンド
GBP
オーストラリアドル
AUD
ニュージーランドドル
NZD
スイスフラン
CHF
カナダドル
CAD
南アフリカランド
ZAR
トルコリラ
TRY

取引できる時間帯

FXは平日なら24時間取引が可能です。東京外国為替市場の他にロンドンやニューヨークなどにも取引所があるので、土日以外ならいつでも好きなときに取引することができます。また、日本の祝祭日にも外国の市場は開いているので同じく取引可能です。

為替差益と金利(スワップポイント)

外貨預金の金利は、FXでは「スワップポイント」と言います。名前が違うだけで意味は一緒です。ただし、FXのスワップポイントは毎日受け取ることができるので、定期預金のように満期まで保有して待つという必要はありません。

為替差益については外貨預金とまったく同じです。外貨を買って(通貨ペアを取引して)、その買った時点よりも為替レートが円安に振れれば利益が出ることになります。逆に円高になれば損失が出ます。

買い建てと売り決済

重要なのは、外貨預金では満期日まで待つか為替予約をする(予約レートを設定する)という2つの方法がありましたが、FXでは自分で決済するタイミングを選べるということです。

決済というのは、取引していた通貨ペアを清算することです。たとえば、ドル/円を買っている状態は「ドルを買い建てしている」「ドル買いポジションを持っている」と言い、その取引を終わらせることを「ドル売り決済する」「買いポジションを閉じる」と言います。

円安になったら持っていた外貨を売って(外貨の買いポジションを閉じて)、いつでも利益を確定させることができます。逆に円高になったときは、同じくポジションを閉じることで損失を限定させることもできます。

どのタイミングでも自分の好きなときに買い建てたり売り決済したりできるので、外貨預金よりも取引の自由度が高くなっています。

スプレッドと売買手数料

外貨預金の為替手数料は、FXでは「スプレッド」と言います。呼び方は違いますが意味は同じです。スプレッドは常に往復の手数料で表され、たとえばドル/円のスプレッドが2銭というのは、買うときと売るときと1銭ずつの合計2銭ということになります。

外貨預金では、1米ドルの取引についてメガバンクで往復2円、ネット銀行でも20銭ほどかかるので、為替手数料の点ではFXが非常に有利になっています。

しかし、FXにはもうひとつ違う手数料がかかります。それは取引1回ごとにスプレッドとは別に取られるもので「売買手数料」と言います。ただ、売買手数料は無料のFX業者が多く、たとえかかったとしても1万ドルにつき数百円という場合がほとんどなので、それを含めてもFXのほうが外貨預金よりも有利なことは変わりません。

[ トップページへ ]

このページのトップへ