Home > 為替レート > 直近の為替レートと相場環境、アメリカ銀行決算

直近の為替レートと相場環境、アメリカ銀行決算

最近の経済関連の大きなできごととしては、アメリカ企業の四半期決算発表で大手銀行がこぞって好決算を発表するということがありましたが、主要通貨の直近1ヶ月間のパフォーマンス(為替変動)を見てみたいと思います。

  • アメリカドル : -0.44%
  • ユーロ : -2.86%
  • イギリスポンド : 0.40%
  • オーストラリアドル : 3.29%
  • スイスフラン : -2.03%

ニュージーランドドルについては調べられなかったのでちょっとわかりませんが、オセアニアの通貨はまだ強いのかもしれません。金利も他国ほど下がっていないことが影響しているのでしょうか。

ユーロとスイスフランは2%以上の下落、イギリスポンドは若干の上昇です。米ドルは若干の下落。この程度の値幅ならすぐに利益も損失も消滅するだろうと思われます。やはり、1ヶ月間の値動きだけを見ても意味はないかもしれません。

今後も為替レートは変動し続けるわけですが、以前と変わらず、ちょっと難しい相場であると判断される現在は仕掛けないほうが良いと判断しています。住信SBIネット銀行や新生銀行の円定期預金がおすすめです。

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://ruo.jp/blog/200904/51/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
直近の為替レートと相場環境、アメリカ銀行決算 from 外貨預金の金利比較ブログ

Home > 為替レート > 直近の為替レートと相場環境、アメリカ銀行決算

ブログ内検索
RSSフィード
管理用

Return to page top