Home > 徒然ブログ > 為替相場がハッキリしないとき

為替相場がハッキリしないとき

リーマン・ブラザーズの件から時間が経ち円安から戻り、外貨預金をはじめるには厳しい状況となってきました。ここ数日はまた円高傾向になってきましたが、為替相場は相変わらず素人には特に難しい状態だと思います。

個人的な経験から、こういうときはあえて挑戦せずに、普段からよく馴染んでいる方法で資産運用するのが良いと思います。難しい相場のときによく知らない分野に手を出すと、思わぬ失敗をおかしたときの損失も大きくなるかもしれません。

最近はネット銀行の円の定期預金も利率の高いものが増えていること、証券会社でも魅力的な社債が出てきていることを考えると、あえて為替リスクを取らないのも賢い選択だと思います。

為替リスクというのは、なんとなくわからないものだけに簡単にリスクテイクしてしまう人が多いように思います。わたしのまわりにもそういう人がいますが、人間にはそのような心理的な特徴があると聞いたことがあります。

よくわからないものにこそ、慎重になるべきでしょう。気持ちはわかりますが、よくわからないところで何かが起きて結局うまく行くような気がする、というのはまさに気のせいです。

為替レートの変動はプロにもわからないもの。いまのような為替相場では積極的に動かずに、慎重な投資活動をおこなうのが吉だと思います。

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://ruo.jp/blog/200904/49/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
為替相場がハッキリしないとき from 外貨預金の金利比較ブログ

Home > 徒然ブログ > 為替相場がハッキリしないとき

ブログ内検索
RSSフィード
管理用

Return to page top