Home > 基礎知識 > 外貨預金は保護の対象外 FXはガッチリ安全

外貨預金は保護の対象外 FXはガッチリ安全

外貨預金の大きなデメリットのひとつとして、「預金保険制度」の対象外であるということがあげられます。

預金保険制度というのは、銀行などの金融機関が破たんしてしまった場合に、一定額の預金等を保護するための制度です。たとえば普通預金や円定期預金などはこの対象となっており、合算して元本1,000万円までとその利息は保護されます。

しかし、外貨預金に関しては保護の対象外となっており、もし銀行がつぶれてしまった場合は預けたお金は戻ってきません。これは、三菱東京UFJ銀行のサイトにも三井住友銀行のサイトにもきちんと記載されていることです。

そもそも銀行がつぶれるときは世の中が相当ひどい経済状態になっているはずだから、別に預金が戻ってこなかろうが関係ない、という考え方もあるかもしれませんが、いちばん取ってはいけないリスクであることは言うまでもないでしょう。

一方、レバレッジの危険性や投機としてのマイナスイメージが根強いFXについては、信託保全というスキームによって預けた資産が保護されている場合が多いです。大手のFX業者では必ず取り入れているはずです。

信託保全とは、FX業者に預けたお金が、そのFX業者と契約している金融機関によって別に管理されるというものです。これにより、たとえFX業者が破たんした場合も預けたお金が保護されることになります。

また、契約先の金融機関がつぶれても同じく保護されます。

たとえばFX業者大手のセントラル短資は三井住友銀行と契約を結んで信託保全をおこなっています。おもしろいことに、三井住友銀行で外貨預金をしても資産は保護されないのに、セントラル短資に預けた資産は保護されるのです。

こと外貨預金とFX外為投資にかぎっては、銀行よりも信用の低いFX業者のほうが安全という逆転現象が起きているのです。

レバレッジ1倍でFX業者を使うことも、大手の銀行で外貨預金をおこなうことも安全性の面では変わらないということは知られていますが、この預金保険制度の件を見てもFXが危険だということは間違いだと認識できると思います。

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://ruo.jp/blog/200903/40/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
外貨預金は保護の対象外 FXはガッチリ安全 from 外貨預金の金利比較ブログ

Home > 基礎知識 > 外貨預金は保護の対象外 FXはガッチリ安全

ブログ内検索
RSSフィード
管理用

Return to page top